2015年12月27日日曜日

キーサミット・トレッキングマップとNZ原生の花

 ミルフォードサウンドへの道のり途中で半日ハイキングとして最適なキーサミットへの道のりを写真と共にグーグルマップに公開しました。

 ルートバーントラックの一部分でもあり、ミルフォードサウンドへの道のり途中のディバイドから歩いて行ける人気のキーサミット。12月~1月にかけてはトラック脇に様々なNZ原生の花が見られる道のりにもなります。

 キーサミットへの出発点であるディバイド:The Divideは標高約530m、キーサミットの標高が約920mでその片道の距離はおよそ3.3km。標準的にはディバイドを出発してキーサミット頂上のネイチャーウォークも周回してから降りてくると3時間ほどで降りてこれるトラックです。その道のりの四分の三は原生林の森の中の緩やかな坂道、残り1/4はその原生林も途切れて木陰の無い所を少し急になるスロープをジグザグに上って行きます。

 ミルフォードサウンドへの観光で訪れる人がたくさんこのトラックを歩いています。天気のいい日はキー・サーミットの頂上から360度の絶景パノラマが見晴らせるので是非ミルフォードサウンドへレンタカーで訪れる時はここも歩いてみてください。


キーサミットトラックをgpsデーターをもとにグーグルマップに作成&公開しています。)


(キー・サミットへの入口はディバイド。ルートバーントラックを2泊3日掛けて歩く人の出発点、帰着点も兼ねてます。駐車場、トイレもあるのでレンタカーでミルフォードサウンド観光に向かう人の帰り道に立ち寄るには最適なトレッキングコースでもあります。)


(キーサミットへのトラックの前半は原生林の森の中の緩やかな上り坂)


(ディバイドから原生林の森の中の坂道を40分ほど歩くとキーサミットへの分岐点。左へと上って行きます。右側はルートバーントラックの道のりになる)


(分岐点からの坂道は少し急なスロープになるけどジグザグにキーサミットまで20分ほどで上っていけます。)


(キーサミット頂上。山の頂上も氷河が通り過ぎていった後に残る台地状の状態。そして小さなTarnと呼ばれる池が残るのも特徴。)


(キーサミットの頂上は周回コースのネイチャーウォークがあって、その一部分のルックアウトからの景観も絶景が楽しめます。)


(キーサミットへのトラックの原生林の森の中では12月には様々な花も見れますが、その一つのサウスアイランド・マウンテン・フォックスグローブは一か所に群生してます。)


(キーサミットへの分岐点を過ぎてからの森林限界線を越えた山肌のトラック脇にはたくさんのマウンテン・デイジーが咲いているのを見つけられます。)


(キーサミットへの道のりで小さな花をつけるランの花もあります。写真はホワイト・フィンガーズ・オーキッド)


(キーサミット頂上のネイチャーウォークを歩いていても小さなランの花;オッド・リーブド・オーキッドを見つけられます。)


(キーサミットの頂上は風が通り抜けるところでもあるのですが、その風がきつい岩肌にはサウスアイランド・エーデルワイスも群生しています。この日12月25日にはまだわずかにしか花を咲かせていませんでした。)


(キーサミットのパノラマ。頂上からは360度の展望が楽しめます。) このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント: